モントリオール - トロント
ar de en es fr it nl pt gsw rus wol ja zh

モントリオール - トロント

モントリオール&トロントおよび2都市間の移動についてのウェブサイト

コンテンツ

モントリオール
トロント
モントリオールからトロントへの移動
リンク



[ コンテンツ ]

モントリオール

モントリオール セント・ジョージ英国国教会
モントリオール セント・ジョージ英国国教会
写真:Fotopanorama.ch


モントリオールはカナダ・ケベック州の経済の中心で、フランス語が話されている都市としては、フランス・パリの次いで2番目の大きさになります。場所はトロントから北へ556km、セントローレンス川に浮かぶ川中島を中心としています。当初、モントリオールはマリアの街(Ville-Marie)として1642年にジェンヌ・マンス(Jeanne Mance)とポール・ショメディ・ド・メゾンヌーブ(Paul Chomedey de Maisonneuve)により建設されました。現在ではケベック州で最も大きな都市ですが、州都ではありません。(州都はケベック・シティー)

また、モントリオールはアイスホッケーチームのカナディアンズ、フットボールではアルエッツとインパクトの拠点でもあり、夏には国際ジャズフェスティバル、フランコホリー・ショウ・フェスティバル、ジャストフォーラフズ・コメディ・フェスティバルなど数多くのイベントが開催されます。

より詳しく知りたい方は、ウィキペディアもしくはモントリオール公式サイトをご覧ください。



[ コンテンツ ]

トロント

トロント シティホール
トロント シティホール
写真: Fotopanorama.ch


トロントは、カナダ経済の中心であり、またカナダ最大の都市でもあります。場所は、モントリオールから南へ556km、オンタリオ湖の湖畔(北西)に位置します。初めは1973年にヨーク(York)という町名でジョン・グレイブス・シムコー(John Graves Simcoe)によって建設されました。アメリカや海外では、トロントをカナダの首都と勘違いする人がいますが、首都ではありません。(首都はオタワ)

また、トロントはアイスホッケーチームのメープルリーフス、バスケットボールのラプターズ、フットボールではアルゴノーツの拠点でもあります。実はハリウッドの映画でも北米を象徴する街として良く登場するトロントですが、これは、道路にゴミを散らばらせると本物のニューヨークよりニューヨークらしく見えるからという噂で、実際にはとても綺麗な街なのでご安心を。

より詳しく知りたい方は、ウィキペディアもしくはトロント公式サイトを御覧ください。



[ コンテンツ ]

モントリオールからトロントへの移動

飛行機で

高速な鉄道が接続されるまでは、これが556kmを移動する最も早い手段でした。3つの主要な航空会社(エア・カナダポーター航空ウエストジェット航空)が、この2都市間を繋ぐ便を提供しています。飛行時間は約1時間15分ですが、空港へ行くまでの時間とチェックインの待ち時間も考慮する必要があります。なお、エコノミークラスで片道料金は80ドル~300ドル程度。

モントリオール空港

モントリオールで旅客便を提供しているのはモントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港のみ(現地の人からは旧名の「ドルヴァル空港」で呼ばれる場合が多い)になります。空港へのアクセスには、タクシー、エクスプレス・バス(747系統)、公共交通機関の3つの方法から選ぶことになります。タクシーは交通状況にもよりますが、街の中心から20分~60分程度で空港に着くことができます。エクスプレス・バス(747系統)は24時間運行しており、地下鉄のベリウカム駅(Berri-UQAM)にあるバスターミナルから、リオネル・グルー駅(Lionel-Groulx)を経由して空港へ行きます。この45分~60分の移動に掛かる料金は10ドル。運行に関する情報はこちらで確認できます。
公共交通機関で最も安く空港へ辿り着けるのは、都市バスを利用することです。地下鉄のリオネル・グルー駅から211系統のバスに乗り、ドルヴァル駅(Dorval)で204系統もしくは209系統のバスに乗り換えてください。料金は3ドルと格安ですが、少なくとも30分~60分は見ておくようにしましょう。

トロント空港

トロントには2つの空港があり、1つ目はビリー・ビショップ・トロント・シティー空港(トロント・シティーセンター空港トロント・アイランド空港としても良く知られる)、2つ目はトロント・ピアソン国際空港です。現在、前者は主にポーター航空。一方のピアソン国際空港は格段に規模が大きく、ポーター航空以外の全航空会社が使用している形になります。 街の中心からは27kmの距離にあり、幾つかのバスが利用できます(Toronto TransitGO トランジット など)。また、トロント空港シャトル (ユニオン・ピアソン・エクスプレス)、タクシー、オンタリオ方面への公共バスを利用することもできます。

電車で

これが最も快適な移動手段でしょう。国営企業の Via Rail により、街の中心と街の中心をダイレクトに接続する鉄道が毎日複数便運行されています。 所要時間は4時間38分から5時間36分の間で、料金は選択する鉄道のタイプで異なります。また、早く予約することにより安くなります。最低料金は約50ドルですが、エコノミークラスでも早く予約をしないと140ドル以上になります。

なお、最も接続が良いのは66番の便であり、トロントからモントリオールを4時間38分で結びます。 平均時速の120km/hは、この記事の執筆時点では北米で最速の鉄道(※最高時速ではボストンとニューヨークを結ぶアセラ・エクスプレスが上回りますが、平均するとこれより低くなる)となっています。

バスで

最も安い方法です。複数の便が Greyhound/Voyageur および Coach Canada により提供されています。後者の Coach Canada は現在キャンペーンを行なっており、メガバス(Megabus) では、1ドルからチケットを購入することができます。ただし、通常の料金は片道で30ドル~100ドルです。所要時間はバスによりますが、約7時間~12時間ほど掛かります。

車で

サウザンド・アイランド
サウザンド・アイランド
写真: Stefan Bracher


クラシックな方法ですが、車で移動するという手段もあります。ケベック州トロントからは高速道路 Highway 20 (オンタリオでは Highway 401 に名前が変わる) があなたを最後まで連れて行ってくれるでしょう。このルートは現在 freeway になっており、料金はかかりません。あなたの運転にもよりますが、所要時間は最低で約6時間です。
もしあなたが旅を急がないのであれば、キングストン(Kingston)とコーンウォール(Cornwall)の間で サウザンド・アイランド に立ち寄るのも良いでしょう。

カープーリング(Carpooling)

この2都市間はカナダ東部で最も主要なルートであるため、カーシェアリングのために空席のシートを提供してくれる人は数多くいます。大抵は、ガソリン代を折半するだけで済むでしょう。

情報提供がされている有名なサイトとしては、クレイグスリスト(Craigslist's Rideshare Section)が挙げられます。ただし、これらは全て個人による投稿のため、相手の素性について確認のコントロールが効かないことを忘れないでください。上記リンクを辿ることによって発生した身の上の危険などについて、本ウェブサイトは一切責任を負うことはできません。



[ コンテンツ ]

リンク


本ウェブサイトで紹介した外部サイトへのリンクをまとめました。以下コンテンツに関して責任は負うことはできませんのでご了承ください。

この記事で紹介したウェブサイト

モントリオール

トロント

航空会社

その他の交通機関

関連記事

© Stefan Bracher